免許証を紛失した際の必要書類と再発行手続き

もし運転免許証を紛失したらどうしますか?運転免許証は再発行することができます。紛失に気づいたら、すぐに再発行の手続きを行いましょう。

ただ注意すべき点があります。

まず、再発行の手続きを行えるのは本人のみとなっています。代理人による手続きは行えません。

また再発行できる期間も、運転免許証の有効期限により異なります。再発行手続きを行うのが有効期限が切れる1か月以内であれば、再発行ではなく新しい免許の

更新になるのでご注意ください。

再発行の手続きは住民票が置いてある都道府県内の、運転免許センター、運転免許試験場、警察署などで行うことができます。

受付日時は各施設、各警察署で異なりますが平日9時から5時までが受付時間となっているところが多いようです。

しかし各警察署、各施設により受付時間が異なるので、必ず手続きを行う場所の時間を確認しておきましょう。例えば東京都で運転免許症再発行手続きができる

運転免許試験場は平日午前8時半から午後4時までとなっています。

運転免許再発行に必要な書類

運転免許証を紛失した際、再発行に必要な書類はどんなものでしょうか。

まずは本人の写真。サイズは縦3センチメートル×横2.4センチメートルのものが一枚。事前にスピード写真などで撮ってから行きましょう。

申請前より6か月以内のものに限ります。帽子やマスクを着けずはっきりと顔がわかる写真を撮りましょう。

運転免許センターなどスピード写真機が置いてある場合もありますが念のため持っていった方が良いでしょう。

次は運転免許証再交付申請書。これは各手続き場所に置いてあります。黒枠の中に再発行の理由、また住所氏名等を記入します。

次に運転免許証紛失・盗難てん末書。この書類にはどこで運転免許証を紛失したのかを記入します。また盗難届や遺失物届を提出している場合は届け出た年月日や場所も記入しましょう。

次に身分証明証。顔写真の入っているパスポートなどを持っていくとよいでしょう。保険証や住民票など顔写真が入っていないものは、一つだけでは身分証明にはならない場合もあるので複数持参するのがよいでしょう。身分証明に使えるのか心配であれば事前に問い合わせが必要です。

そして印鑑。これは認印で結構です。運転免許証の紛失再発行の際は運転免許証再交付申請書、運転免許証紛失・盗難てん末書などの書類を記入します。
この書類には必ず印鑑が必要となります。忘れ無いようにしましょう。

また手続する場所によって運転免許証を即日交付できるところと、後日交付となるところがあります。こちらも事前に確認しておきましょう。

ICカード運転免許証を紛失した場合は、新しい暗証番号2組を考えておきましょう。紛失した免許証の暗証番号を忘れてしまった!もう再発行できないの?と不安な方がいるかもしれませんが、大丈夫です。
再発行する際に新しい暗証番号を設定するので、以前設定した暗証番号は不要です。

最後に、再発行には手数料が必要です。再発行手数料は3500円となっていますが、更新手続きになる場合は再発行手数料はかからず更新の手数料のみとなります。もし再発行後に紛失した免許証が見つかった場合はどうすればよいでしょうか。その場合は必ず警察署に返納しましょう。紛失前の免許証のみを携帯して車を運転した場合、道路交通法違反となります。

大事な運転免許証。無くすことがないよう気を付けたいですね。

参考:運転免許証を紛失したら悪用被害防止のためにやるべき3つのこと